真・微かなるより顕かなるはなし

迷君主「ヨモツ」の自由すぎるブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

差別、偏見、そして価値観

えー、三国志大戦記事が予想以上に長く書いてしまいビックリしてます。ヨモツです。

今日はゼミの先生に頼んでゼミ生へメールを回してもらったんですが、
うっかり俺の連絡先メールアドレスを携帯じゃなくPCのアドレス書いてることに
家に帰ってメールチェックしたときに気付きまして・・・若干焦りましたwww

ちょっと今日は画像は無いんですが、のんびりと思ったことを書いていこうと思います。
以前から俺は、ネットでの情報収集をちょくちょくやってます。
まぁ情報収集と言うとかっこよく聞こえたりしますが、実際のところは
ただニュース情報サイトを見て、気になる記事あったらリンク飛んで内容見てるだけなんですがねw
それで、いつものようにサイト(楽画喜堂さん)を眺めてたら、おもしろいものがありましたよ。

「67歳の美少女ゲームメーカー社長に話を聞いた」

・・・はい?

いやいや、びっくりでしたよー><
記事内容はまた別のサイト(ASCⅡ.jpさん)ところなんですが、
この対談内容がまたおもしろいのなんの^^
ゲームオタクやらアニメオタク、またアイドルオタクなど
趣味をかなり深く楽しんでる人々は様々います。
まぁ俺もかなりのゲームオタクなんだろうとは思います(厳密には違うんだけどなぁ)
きっと俺はどんなに歳とってもゲームはやってるんだろうなと思いますよ。
んで、俺ですらそう思うってことは、きっと俺が高齢になるころには
高齢者でアニメオタとか平気でいる世の中なんだろうと考えてました。
(まぁ実際、高齢者でパチ屋とか平気でいるしね)

しかしながら

今、すでにいるとは思わなかったw


そんな方が社長・・・まぁ聞いたことの無いメーカーのかなぁ・・・

(記事内) ゲーム制作会社「スタジオパンドラ」

・・・・・・(記憶の中で思い当たる節が)

(記事内) 美少女ゲームブランド「Lost Script」


・・・・・・!?


(記事内) 「蠅声の王」を生み出したブランド


・・・・・・!?!?


いやー、俺もよーく知ってるメーカーでした♪
還暦過ぎたおじいちゃんが美少女ゲーム作ってることには驚きがありましたw
でも、だからこそ、俺はこの社長を尊敬しますよ^^

別に俺が美少女ゲーム好きだからって理由じゃなく
(つか俺はシナリオとシステムで食いつく人間だし)
この社長のモノの見方、つまりは価値観がすげぇと思うからなんですよ。

記事の中で社長は

「こんな面白い物を同年代の人はなぜやらないんだろうと思いますね。」

「自分と同年代の方々にも、もっとゲームをプレイしてほしいですね。
 盆栽も良いけどゲームをやろうよ、と(笑)。」

とコメントしています。

俺の考えそのものに偏見があるのかもしれませんが、
やっぱ自分よりも結構年上の人たちっていうのは
ゲームに馴染みがあまりない人が多いんですよねぇ
そんな中、ゲーム会社社長やってるっていうだけでもすげぇのに
面白いものを面白いと、正確に判断するっていうのが素晴らしい!

年齢問わず、いやむしろ俺と同年代とか年下とかに多いかもしれないが
周りの評価や世間の目、そういった下らないものに影響受けて
自分の素直な価値観で評価しない人間が多すぎると思う。

俺は昔から面白いものは面白いと判断する人間なので、普通に少女漫画とかも
人から勧められたら読んで、面白ければ読み続けます。
しかしながら、野郎が少女漫画を面白いと言うのは一般的に微妙だったらしく
周りからは冷たい眼で見られることもしばしばありました。
結局はそういう狭い視野しか持ってない連中だったんだろうねぇ・・・


詰まらん漫画読むくらいなら、面白いドラマのほうが好きだし
下らないTV番組見るくらいなら、アニメやゲームのほうが好きだ
全米が泣いた退屈な映画よりも、熱いものがこみ上げる特撮映画のほうが好きだ

どうして普通の人ってのは、こうも食わず嫌いが多いんだろうね
「アニメオタクきもい」「ゲーマーって引篭りでしょ?」とか散々言っておいて
原作がアニメのドラマとか、ゲームが原作の映画とか平気で見て面白いとか言う

ホント、どうしようもないくらい見てて愚かだと思うよ俺は
こんな連中が差別・偏見止めましょうとかほざいてるの聞くと反吐が出る


まぁ、俺に友達と本気で呼べる人間が少ないことから見ても
社会的に見れば俺みたいな考え方する奴のほうが異質なんだろうけどね


さて、話が段々とダークな方に逸れてきましたのでこのへんで終わりにしようかなと^^
スポンサーサイト
一般向け | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<暴力はいけません!に対する疑問 | HOME | 呂布ワラジャック、開始>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。